【3分で、もう忘れない】英単語「circumstance」の意味と覚え方【周囲に(circum)立っている(sta)もの(-ance)】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツ、使い方など、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 
コダック
今日の英語表現は”circumstance”

「周囲に(circum)」+「立つ(sta)」+「名詞語尾(ance)」の3パーツで構成されている単語です。

周囲に立っているものがコアイメージで、“circumstance“=「事情」「状況」の意味を持ちますよ!

 

”circumstance”の意味と使い方 コアイメージは「周囲に立っているもの」

”circumstance(発音:sə’ːrkəmstæ`ns/ サァーカムスタァンス)”は「事情」「状況」の意味を持つ単語です。

「周囲に(circum)」+「立つ(sta)」+「名詞語尾(ance)」の3パーツで構成されている単語で、「周囲に立っているもの」がコアイメージです。

 

 
コダック
周囲に立っているもの、つまり誰かや何かの周囲を取り巻く「事情」や、「状況」”circumstance”なわけですね!

 

circumstance(名詞)
①状況、事情
②境遇、生活状態
③避けられない状況、運命
④儀式ばったこと、ものものしさ

※関連語
circumstantial(形容詞)
①状況による、状況に基づく
②付随的な
③詳細な

circumstantiate(動詞・他動詞)
①~の状況を示す

I could have accepted the offer under different circumstances.
事情が違っていたらその申し出を受けられたのだが

a wealthy family in comfortable circumstances
何不自由ない裕福な家族

a victim of circumstance
避けられない状況の犠牲者

without circumstance
手軽に

※参考・例文引用南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

circumstance”の関連語:「状況」を意味する単語”condition/situation”

 
 
あっ、そういえば「状況」の意味を持つ単語って結構多いよね

 

 
コダック

そうですね!”circumstance”の他に、”condition/situation”なども「状況」の意味を持つ表現です。

つぎから”condition/situation”についても確認していきましょう!

 

”condition”は一時的な「状況」を意味する単語

”condition(発音:kəndíʃən/カンディシャン)”一時的な「状況」を表すことが多いです。

 

 
 
一時的な状況??
 
”condition”は短期的な「状況」を表し、長期的な状況は”circumstance”を使う事が多いです。
 
コダック
例えば「今ちょっと急いでるんだ」というような場合は”condition”
「結婚している」という状況を表す場合は”circumstance”という感じですね。

ただしあくまで「使う事が多い」だけで”condition”が長期的な状況を表せないわけではありませんよ!

 

condition
(名詞)
①状態、体調
②状況、事情、環境
③条件
④病気、病状
⑤境遇、生き方、在り方
(動詞・他動詞)
①慣らす、訓練する、条件づける
②決定する
③良い状態に保つ
(動詞・自動詞)
①状態を整える

※関連語
conditional
(形容詞)
①条件付きの、条件としての、~次第の
②条件を表す
(名詞)
①条件文

conditionally(副詞)
①条件付きで、暫定的に

conditioned(形容詞)
①条件付きの、条件づけられた
②~の状態の
③適合した、調整された

conditioning(名詞)
①条件付け、習慣づけ、調教

 

”situation”は置かれている「状況」を意味する単語

”situation(発音:sìtʃuéiʃən/シチュエィシャン)”置かれている「状況」を表す単語です。

 
 
置かれている立場??
 
コダック

例えば立地などの「状況」を表す場合は”situation”ですね。

また”situation”も”condition”と同様に一時的な「状況」を表します。

 

situation(名詞)
①状況、情勢、立場、境遇
②事態、難局、問題
③位置、場所
④職、勤め口

※関連語
situate(動詞・他動詞)
①場所を定める、位置づける
②関連付けて考える

situated(形容詞)
①位置している
②~の境遇にある、~の立場にある

situational(形容詞)
①ある状況により生じた、ご都合主義の

situationism(名詞)
①状況主義

 

”circumstance”の語源は”circum(周囲に)”と”stare(立つ)”の組み合わせ

”circumstance”の語源についても、確認していきましょう。

”circumstance”の語源は”circum(周囲に)”+”stare(立つ)”です。

 

オックスフォード英英辞典には”circumstance”の起源について、下記の記載があります。

Origin
Middle English from Old French circonstance or Latin circumstantia, from circumstare ‘encircle, encompass’, from circum ‘around’ + stare ‘stand’.
※参考・引用「LEXICO

 

記載内容についての訳は下記の感じです。

”circum(周囲に)”と”stare(立つ)”の組み合わせが古フランス語の”circonstance”、あるいはラテン語の”circumstantia”を経て中期英語として発祥した。
 
 
コダック
”circumstance”の持つ「周囲に立っているもの」のイメージは語源からも分かりますね!

 

構成パーツで覚える”circumstance” 「circum」+「sta」+「-ance」

ここからは構成パーツの面から”circumstance”について覚えていきましょう

”circumstance”の構成パーツは「circum」+「sta」+「-nce」の3パーツです。

 

つぎから各パーツについて紹介していきます。

“circu/circle/circum/cycle”は「周囲」「円」を意味するパーツ 

“circu/circle/circum/cycle”は「周囲」「円」を意味するパーツです。

 

 
コダック
”circle”という単語を想像すると分かりやすいですね。

」そのものや、円形のもの(=「輪」)を表しています。

 

 

その他の”circu/circle/circum/cycle”を使用する単語についても、下記で紹介していきます。

単語一覧 ※タップ・クリックで展開
bicycle
(名詞)
①自転車
(動詞・自動詞)
①自転車に乗る、自転車で行く

circle
(名詞)
①円、丸、輪
②仲間、団体
③バルコニー、階上積
④循環、周期
(動詞・他動詞)
①周りを回る、旋回する
②丸で囲む、丸を付ける

circlet(名詞)
①(頭飾りや腕輪などの)飾り輪

circuit(名詞)
①巡行、1周
②回路、回線
③サーキット、レース場
④巡回興行
⑤円周

circuitous(形容詞)
①回り道の、遠回りの
②回りくどい、遠回しの

circular
(形容詞)
①円形の、丸井
②循環の、円を描く、周遊の
③堂々巡りの、回りくどい
④回覧の
(名詞)
①回覧板、案内状

circulate
(動詞・自動詞)
①循環する
②広がる
③(パーティなどで)動き回る、話して回る
④流通する
(動詞・他動詞)
①循環させる
②流通させる、広める
③送る、配布する、回覧する

circulator(名詞)
①循環装置
②噂などを流布する人

circulation(名詞)
①循環
②伝達、流布、流通
③発行部数

circumstance(名詞)
①状況、事情
②境遇、生活状態
③避けられない状況、運命
④儀式ばったこと、ものものしさ

circumstantial(形容詞)
①状況による、状況に基づく
②付随的な
③詳細な

circumstantiate(動詞・他動詞)
①~の状況を示す

circus(名詞)
①サーカス、曲芸団
②サーカスの上演、サーカスショー
③にぎやかな人
④円形の広場

cirque (名詞)
①圏谷、カール

encircle(動詞・他動詞)
①完全に取り囲む

motorcycle
(名詞)
①オートバイ、単車
(動詞・自動詞)
①単車で行く

search
(名詞)
①捜索、調査
②検索
③臨検
(動詞・他動詞)
①探す、捜索する
②検索する
③身体検査する、所持品検査する
④記憶をたどる
(動詞・自動詞)
①探す、求める、詮索する
②熟考する

semicircle(名詞)
①半円、半円形のもの

tricycle(名詞)
①三輪車
②オート三輪

unicycle(名詞)
①一輪車

 

”sta/sti/stat/stit”は「立つ」を意味するパーツ

”sta/sti/stat/stit”の「立つ」を意味するパーツです。

 

特にじっと立っているイメージを持っていてrstless”「落ち着きがない」の意味を持つ形容詞ですが、

「じっと立って(st)いない(less)」⇒「落ち着きがない」

のような様子を表している訳ですね。

実際に”restless”は「絶えず動いている様子」を表す事があって、海の波が絶えず打ち寄せる様子を”the restless wave”と言ったりします。

他の”sta/sti/stat/stit”を使用する単語については、下記で紹介していきます。

 

”-ance”は「性質・行為」などの意味の名詞を作るパーツ

”-ance”は「性質・行為」などの意味の名詞語尾です。

 

 
コダック
”-ance”で終わる単語は「名詞」なことが多いです。例外もありますが…

例えば”admittance”は”admit(入場を認める)”+”名詞語尾(-ance)”で構成される単語で、「入場」「入場の権利」を意味します。

 

このように単語の最後について、品詞を決定付けるパーツは他にもあり、下記で紹介していきます。

 

”circumstance”の意味と覚え方のまとめ

”circumstance”の意味と覚え方についてのまとめです。

●”circumstance”=「事情」「状況」の意味を持つ単語

 ⇒「周囲に(circum)」+「立つ(sta)」+「名詞語尾(ance)」の3パーツで構成されている
  ⇒「周囲に立っているもの」がコアイメージ

●”circumstance”の語源は”circum(周囲に)”+”stare(立つ)”

 
 
コダック
他の英単語の記憶方法についても紹介しています。
是非ご活用いただければ!

【まとめ・各単語の覚え方】英単語の効率的な覚え方【関連付けで記憶力アップ】