【再び(re)気づく(mind)】英単語「remind」の意味・覚え方【関連付けで記憶力アップ】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツなど、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 

 
コダック
今日の英単語は「remind」! 「再び(re)・気づく(mind)」を語源とする単語です。

remindの意味は「(人)に思い出させる」

remindは「再び(re)気づく(mind)」を語源とする単語です。

「1度気づいた事・覚えたこと」を「再び気づく」⇒思い出す、という事ですね。

 

ポイントとしては思い出すのは「自分(主語)じゃなくて「他の誰か(目的語)」な点。

 

なので目的語に「人」を取って「人に思い出させる」という意味を持ちます。

あくまでメインの目的語は「人」なので、「思い出す内容」を扱う時には「remind A of~」「remind A that ~」という形をとります。

動詞(他動詞)
①~に思い出させる・気づかせる

(remindA of ~、remind A that~の形で)Aに~を思い出させる。

 

remindの例文・使用法など

remindの例文・使用法について紹介します。

remindの使用例は以下のようになります。

動詞(他動詞)用法の例文
She reminded me of her moter.
彼女を見ていると彼女の母親を思い出す。

He reminded me that Mary lives in Paris
彼はメアリーがパリに住んでいる事を思い出させてくれた

※参考・例文引用「goo辞書

 

「思い出す内容」を扱う場合は「remind A of ~」「remaind A that~」など
ただし「that節」が目的語の時以外は第4文型(SVO1O2)にはならない

上では2つの例文を紹介しましたが、どちらも「~を思い出させる」という意味になっています。

 

ここでのポイントは「思い出す内容」が「[語/句][that節]のどちらか」で取る文型が違うです。

「思い出す内容」が「語/句」の場合
一つ目の例文では「思い出す内容」は「her+mother」の名詞句ですが、この場合は第3文型(SVO)です。
この場合第4文型を取る事が出来ない=「her mother」は文の主要素(S・V・O・Cのどれか)にはなれない為、前置詞をくっつけて修飾句(M)として使用しているわけですね。

「思い出す内容」が「that節」の場合
2つ目の例文では「思い出す内容」が「that Mary lives in Paris」とthat節になっています。この場合は第4文型も取れます。
第4文型なので「that Mary lives in Paris」は「O2(第2目的語)」つまり文の主要素になっています。

 

 
コダック
意味は同じ「~に~を思い出させる」ですが、「remind me her mother」のような表現は取れないという事ですね!
 

「that節」だけを第2目的語に取る動詞は大学入試で頻出!
(inform・assureなど)

ちなみにremindのように「that」節は「第2目的語に取る」=第4文型になるが、それ以外は第2目的語に取れない動詞はいくつかあります。
例えば以前紹介したconvince「納得させる」という動詞は
  • 「convince A of B」⇒AにBを納得させる
  • 「convince A that~」⇒Aに~を納得させる
という表現はOKですが、「convince A B」という表現は取れません。
 
コダック
ここはremindと同じ!
 
特に大学入試では聞かれる事が多いのでまとめて覚えてしまうのがお得です。
remind⇒「思い出させる」

assure⇒「保証する」

convince⇒「確信させる」

inform⇒「知らせる」

warn⇒「警告する」

 

意味的には第4文型っぽいのに、「第4文型にならない」動詞も問われがち
特にsuggest「提案する」は頻出!

限定的に第4文型を取る動詞を紹介したついでと言っては何ですが、もう一つ紹介しておきたい動詞たちがあります。

それは意味的には第4文型っぽいのに、「第4文型にならない」動詞たちです。

 

例えばsuggest「提案する」は頻出で「AにBを提案する」の意味で第4文型(SVOO)を取れそうですが…

 
コダック
suggestは第4文型を取れない…!
AにBを提案する」としたいときは「suggest B to A」のように前置詞toが必要です!

このようにAにBを~する」という意味の時、「do B to A」という表現をする動詞も入試で問われがち…!

特に下記の10個は良く聞かれますよ!

suggest⇒「提案する」

announce⇒「発表する」

admit⇒「認める」

mention⇒「~だと言う」

express⇒「表現する」

remark⇒「述べる」

confess⇒「白状する」

explain⇒「説明する」

propose⇒「提案する」

demand⇒「要求する」
(demandだけ前置詞of、fromを使用する事に注意!)

 
2つ注意したい点があって、1つ目はdemandのみ「demand B of A 」「demand B from A」の形で「AにBを要求する」の意味になる事。(他の9個は「do B to A」の形)
そして2つ目は「to A」の部分は位置が変わる事もあるのでいつも「do B to A」とは限らないという点です。
※「AにBを~する」の形
demand以外⇒「do B to A」

demand⇒「demand B of A」「demand B from A」

※「to A」の位置はBの後とは限らない
例えば「suggest B to A」=
「suggest to A B」

 

remindの語源・構成パーツ解説

ここからは語源・構成パーツから「remind」を覚えていきましょう。
remindの構成パーツは「再び(re)」+「気づく(mind)」の2つです。
それぞれのパーツについて紹介します。
 

接頭語「re」の意味は「再び/後ろへ」

接頭語「re」には

以前にも紹介しましたが「re」という接頭語はめちゃめちゃメジャー…!

使用する単語はとても多いです。

 

数が多いだけに、関連付けてしっかり覚えてしまいたいですね。

単語一覧 ※クリックで展開
動詞
rebel⇒(再び戦争を起こす)⇒「反抗する」

recall⇒(再び呼び戻す)⇒「思い出す」

react⇒(応えて行う)⇒「反応する」

recede⇒(後ろへ行く)⇒「後退する」

receive⇒(再び取る⇒取り戻す)⇒「受け取る」

recite⇒(再び引用する)⇒「復唱する・暗唱する」

reclaim⇒(再び主張する)⇒「再要求する・取り戻す」

recline⇒(後ろへ曲げる)⇒「寄りかかる」

recognize⇒(再び知る)⇒「認識する・見覚えがある」

recollect⇒(再びともに集める)⇒「思い出す」

reconcile⇒(再び折り合わせる)⇒「和解させる」

reconstruct⇒(再び築く)⇒「再建する」

record⇒(再び心に呼び戻す)⇒「記録する」

recreate⇒(再び作る事をする)⇒「気晴らしをする」

recure⇒(再び走る)⇒「再発する」

recycle⇒(再び循環させる)⇒「リサイクルする」

refer⇒(運び戻す)⇒「~を参照する」

refine⇒(再度終わらせる)⇒「改良する」

reflect⇒(曲げ返す)⇒「反射する」

reform⇒(再び形づくる)⇒「改良する」

reflesh⇒(再び新鮮にする)⇒「元気を回復させる」

refuse⇒(注ぎ戻す)⇒「拒絶する」

regenerate⇒(再び生み出す)⇒「~を再生する」

regress⇒(後ろへ歩く)⇒「後戻りする」

reject⇒(投げ返す)⇒「拒絶する」

relax⇒(再び緩める)⇒「リラックスする、緩める」

relieve⇒(再び起き上がらせる)⇒「緩和する、安心させる」

relocate⇒(再び億)⇒「移転させる」

remedy⇒(再びいやす)⇒「治療する」

remit⇒(繰り返し送る)⇒「送金する・支払う」

remove⇒(再び動かす)⇒「取り除く」

renew⇒(再び新しくする)⇒「更新する、新しくする」

renovate⇒(再び新しくする)⇒「修理する、新しくする」

repait⇒(再び準備する)⇒「~を直す・修理する」

repeat⇒(再び求める)⇒「繰り返す・復唱する」

replenish⇒(再び満たす)⇒「補充する」

replicate⇒(再び折り重ねる)⇒「~を複製する」

reply⇒(折り返す)⇒「返答する」

report⇒(運び戻る)⇒「報告する」

reprehand⇒(掴み戻す)⇒「非難する」

repress⇒(押し戻す)⇒「抑える」

require⇒(再び求める)⇒「必要とする」

resent⇒(再び感じる)⇒「憤る」

reserve⇒(後ろで保つ)⇒「取り置きする」

resign⇒(再び署名する)⇒「辞職する」

resist⇒(反対して立つ)⇒「~に抵抗する」

resolve⇒(解き戻す)⇒「解決する」

restore⇒(再び立てる)⇒「元の状態に戻す」

restain⇒(締め戻す)⇒「抑制する」

restrict⇒(再び締める)⇒「制限する」

resume⇒(再び取る)⇒「再開する」

retain⇒(再び保つ)⇒「保持する・保有する」

retract⇒(後ろへ引っ張る)⇒「引き戻す」

reverse⇒(後ろ向きにする)⇒「反転する・逆にする」

revert⇒(後ろに向ける)⇒「戻す」

revise⇒(再び見る)⇒「改正する」

revive⇒(再び生きる)⇒「復活させる・生き返らせる」

revoke⇒(再び呼ぶ)⇒「~を取り消す」

revolve(再び回る)⇒「回転する」

名詞
recourse⇒(流れ変える)⇒「頼る事」

reduction⇒(後ろへ導く事)⇒「縮小」

refrigerator⇒(再び冷たくするもの)⇒「冷蔵庫」

refugee⇒(逃げ返される人)⇒「難民」

Renaissance⇒(再び生まれる)⇒「文芸復興、ルネサンス時代」

reputation⇒(再考された事)⇒「評判」

resident⇒(戻って座る人)⇒「居住者」

residue⇒(残って座っているもの)⇒「残余」

restructure⇒(再び建てる)⇒「リストラ・再編成」

revenue⇒(再び来るもの)⇒「収入」

形容詞
relevant⇒(再び持ち上げるべき)⇒「関係のある」

remote⇒(後ろに動いた)⇒「遠い」

replete⇒(再び満たされた)⇒「たっぷりの」

※参考・引用「THE ENGLISH CLUB」「鈴木陽一(2000),DUO3.0,ICP Corporation 」「南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

「mind」の意味「心」⇒「heart」と比べて知性的なイメージが強め

remindの構成パーツ「mind」

「mind」の原義は「考える・記憶する・意図する」です。そこから派生して「心」の意味が生まれました。

そのため、知性や思考のニュアンスが強い単語です。

 

 
コダック

同じ「心」という意味を持つ単語に「heart」がありますが、「heart」の原義は「中心」⇒「心」
そのため「heart」は「mind」に比べて感情的なイメージが強めです。

 

名詞
①心・精神・知性

動詞(他動詞)
①嫌がる・気にする
②注意を払う

動詞(自動詞)
①いやだと思う

 

Do you mind~?(=Would you mind~?)に対してはYes/No が逆になる

「mind」は「Do you mind~」(=Would you mind~?)の形で使われる事が多いです。

この時の意味は「~でも構いませんか?」

 

 
コダック
「Do you mind~?」に対する返答のYes/Noが逆な事に注意です!

 

 

「Do you mind~?」と聞かれた時に

  • 「いいですよ!」と答える時はNo.
    「~は嫌だなぁ」と答えるときはYes.

のように答えます。

 

 

例えば「Do you mind if I smoke?(タバコを吸っても構いませんか?)」と聞かれた時であれば

「吸ってもいいですよ!」と答える時
No.
●No I don’t mind.
●No problem
●Of course not
●Sure        …など
「吸って欲しくないなぁ…」という時
Yes.
●I’m Sorry                    …など
「いいですよ!」と伝えるのに「No」と答えるのは少し違和感があるかもしれませんね。

 

 
コダック
mind=「気にする」という意味なので「あなたは気にしますか?」と聞かれてるわけですね。

 

 

ドンマイ≠「Don’t mind」 「気にしない」のはあくまで「言ってる本人」
「気にするな!」と言いたい時は「Never mind」「Don’t Worry」

もうひとつ紹介すると、「気にするな」の意味で使われるドンマイ!を英訳しても「Don’t mind」にはなりません。

あくまで「Don’t mind」は「気にしません」の意味なので、I don’t mindなら「私は気にしないですよ」と言っているだけなのです。

 

相手を励ましたい場合は「Never mind」「Don’t worry」

「Don’t mind」だと場合によっては不適切な点に注意!

 
コダック
「大学不合格だったよ…」と落ち込んでる人に「I don’t mind(私は気にしないよ!)」と言ったら怒られそうですね…!

 

remindの意味・覚え方のまとめ

remindについてのまとめです。

●remindの意味は「(人)に思い出させる」

●「人に~を思い出させる」意味で使うときは「remind 人 of~」「remind 人 that~」
 ⇒remindが第4文型を取るのは「remind 人 that~」のみ

※remindのように限定的に第4文型を取る動詞は入試で問われがち