【再び(re)前に(pre)出す(sent)】英単語「represent」の意味・覚え方《関連付けで記憶力アップ》

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツなど、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 

 
コダック
今日の英単語は「represent」! 「再び(re)」+「前に(pre)」+「出す(sent)」の3パーツからなる単語です。

 

representの意味は「再び(re)前に(pre)出す(sent)」⇒「代表する」「~に相当する」のイメージ

 

representは「再び(re)」+「前に(pre)」+「出す(sent)」の3パーツで構成される単語です。

 
コダック
representの「re」は強調の意味だという人もいますが、個人的には「re=再び」という認識の方が覚えやすいですよ!
 

 

再び前に出る≒何度も前に出る⇒「代表する・相当する」というイメージで覚えます。

動詞(他動詞)
1、~を代表する・~に相当する
 

representの使用法・例文

representの使用法・例文を紹介します。
I represent the mayor at a ceremony
式で市長の代理を務める
※参考・例文引用「goo辞書
他動詞なので目的語:Oを取ります。
「代表する・相当する」という意味の都合上「主語:S=目的語:O」っぽく見えますが、第二文型「SVC」ではないので形容詞は来ない事に注意!
 
 
コダック
目的語は「名詞」しかなれないからですね。
 
文型についての豆知識
●他動詞が取れる文型は第3・4・5文型(SVO・SVOO・SVOC)

●自動詞が取れる文型は第1・2文型(SV・SVC)

●SVCの時「S=C」、SVOCの時「O=C」が成り立つ

●補語:Cになれるのは「名詞・形容詞」

●目的語:Oになれるのは「名詞」のみ

 

representの関連語・representative

represent自体も基本的な単語で良く出てくるのですが、関連語であるrepresentativeの方が頻度としては良く使われるかもしれません

イメージ自体は「何度も前に出る」というrepresentと変わらないので、まとめて覚えておきたいですね。

 

representative
 名詞の用法(可算名詞)
 1、代表者
 
 形容詞の用法
 1、代表する・象徴する

 

ちなみにrepresentativeにはさらに関連語があります

それはrepresentationという名詞で、「代表・表現」の意味を持っており、これだけだとrepresentativeの名詞用法とだいぶ似ています。

 

 
コダック
ただrepresentativeは可算名詞なのに対し、representationは不可算名詞な事に注意!

 

余談:ラップ用語のレペゼンはrepresentの略 レペゼン池袋=「イケブクロ代表」 レペゼン地球=「地球代表」

representの発音はrèprizént

 

あえてカタカナで表記するとレプリゼントとなるのですが、これを略したものがラップ用語のレペゼンです。

超余談になってしまうのですが、コダック的・2020年冬の最オススメアニメ「ヒプノシスマイク」

Buster Brosの楽曲には「レペゼン池袋」というフレーズが出てくる事がありますが、「俺らがイケブクロ代表だぜ!」と言っている訳ですね。

他にもyoutuberで「レペゼン地球」というDJ groupがありますが、こちらはもっと規模が大きくて「俺らこそ地球の代表者!」という壮大な意味になっています。

 

 

representの語源・構成パーツ「再び(re)」+「前に(pre)」+「出す(sent)」

ここまでに紹介してきていますがrepresentの構成パーツは「再び(re)」+「前に(pre)」+「出す(sent)」です。

ここからは各パーツの意味や語源・使用する単語について紹介します。

 

接頭語「re」の意味は「再び/後ろへ」

接頭語「re」には今回respectで紹介した「再び」以外に「後ろへ」の意味もあります。

以前にも紹介しましたが「re」という接頭語はめちゃめちゃメジャー…!

使用する単語はとても多いです。

 

数が多いだけに、関連付けてしっかり覚えてしまいたいですね。

動詞
rebel⇒(再び戦争を起こす)⇒「反抗する」

recall⇒(再び呼び戻す)⇒「思い出す」

react⇒(応えて行う)⇒「反応する」

recede⇒(後ろへ行く)⇒「後退する」

receive⇒(再び取る⇒取り戻す)⇒「受け取る」

recite⇒(再び引用する)⇒「復唱する・暗唱する」

reclaim⇒(再び主張する)⇒「再要求する・取り戻す」

recline⇒(後ろへ曲げる)⇒「寄りかかる」

recognize⇒(再び知る)⇒「認識する・見覚えがある」

recollect⇒(再びともに集める)⇒「思い出す」

reconcile⇒(再び折り合わせる)⇒「和解させる」

reconstruct⇒(再び築く)⇒「再建する」

record⇒(再び心に呼び戻す)⇒「記録する」

recreate⇒(再び作る事をする)⇒「気晴らしをする」

recure⇒(再び走る)⇒「再発する」

recycle⇒(再び循環させる)⇒「リサイクルする」

refer⇒(運び戻す)⇒「~を参照する」

refine⇒(再度終わらせる)⇒「改良する」

reflect⇒(曲げ返す)⇒「反射する」

reform⇒(再び形づくる)⇒「改良する」

reflesh⇒(再び新鮮にする)⇒「元気を回復させる」

refuse⇒(注ぎ戻す)⇒「拒絶する」

regenerate⇒(再び生み出す)⇒「~を再生する」

regress⇒(後ろへ歩く)⇒「後戻りする」

reject⇒(投げ返す)⇒「拒絶する」

relax⇒(再び緩める)⇒「リラックスする、緩める」

relieve⇒(再び起き上がらせる)⇒「緩和する、安心させる」

relocate⇒(再び億)⇒「移転させる」

remedy⇒(再びいやす)⇒「治療する」

remit⇒(繰り返し送る)⇒「送金する・支払う」

remove⇒(再び動かす)⇒「取り除く」

renew⇒(再び新しくする)⇒「更新する、新しくする」

renovate⇒(再び新しくする)⇒「修理する、新しくする」

repait⇒(再び準備する)⇒「~を直す・修理する」

repeat⇒(再び求める)⇒「繰り返す・復唱する」

replenish⇒(再び満たす)⇒「補充する」

replicate⇒(再び折り重ねる)⇒「~を複製する」

reply⇒(折り返す)⇒「返答する」

report⇒(運び戻る)⇒「報告する」

reprehand⇒(掴み戻す)⇒「非難する」

repress⇒(押し戻す)⇒「抑える」

require⇒(再び求める)⇒「必要とする」

resent⇒(再び感じる)⇒「憤る」

reserve⇒(後ろで保つ)⇒「取り置きする」

resign⇒(再び署名する)⇒「辞職する」

resist⇒(反対して立つ)⇒「~に抵抗する」

resolve⇒(解き戻す)⇒「解決する」

restore⇒(再び立てる)⇒「元の状態に戻す」

restain⇒(締め戻す)⇒「抑制する」

restrict⇒(再び締める)⇒「制限する」

resume⇒(再び取る)⇒「再開する」

retain⇒(再び保つ)⇒「保持する・保有する」

retract⇒(後ろへ引っ張る)⇒「引き戻す」

reverse⇒(後ろ向きにする)⇒「反転する・逆にする」

revert⇒(後ろに向ける)⇒「戻す」

revise⇒(再び見る)⇒「改正する」

revive⇒(再び生きる)⇒「復活させる・生き返らせる」

revoke⇒(再び呼ぶ)⇒「~を取り消す」

revolve(再び回る)⇒「回転する」

名詞
recourse⇒(流れ変える)⇒「頼る事」

reduction⇒(後ろへ導く事)⇒「縮小」

refrigerator⇒(再び冷たくするもの)⇒「冷蔵庫」

refugee⇒(逃げ返される人)⇒「難民」

Renaissance⇒(再び生まれる)⇒「文芸復興、ルネサンス時代」

reputation⇒(再考された事)⇒「評判」

resident⇒(戻って座る人)⇒「居住者」

residue⇒(残って座っているもの)⇒「残余」

restructure⇒(再び建てる)⇒「リストラ・再編成」

revenue⇒(再び来るもの)⇒「収入」

形容詞
relevant⇒(再び持ち上げるべき)⇒「関係のある」

remote⇒(後ろに動いた)⇒「遠い」

replete⇒(再び満たされた)⇒「たっぷりの」

※参考・引用「THE ENGLISH CLUB」「鈴木陽一(2000),DUO3.0,ICP Corporation 」「南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 
 

「pre」の意味は「前に」

「pre」は「前に」の意味を持つパーツです。

「pre」には日本語で分かりやすい単語が一つあります。

それが「プリペイドカード」

 

プリペイドはprepaidと書くのですが、

  • pre(前に)paid(払う)前払い

という訳であらかじめ入金して使用するSUICAなどの決済サービスの事をプリペイド(カード)と呼ぶ訳ですね。

 

 
コダック
SUICAやPASMOなんかは使った事がある人も多いかもしれませんね!
 
それだけ日本人にとってもなじみ深いパーツ「pre」は、使用する単語もやや多め。
一つ一つ覚えるのは面倒なので、まとめて覚えてしまいましょう!
名詞
precaution⇒先に注意する⇒「警戒・用心」

predecessor⇒前に離れた人⇒「前任者」

prefecture⇒先に作られたもの⇒「県・府」

prejudice⇒前もって判断する⇒「先入観・偏見」

premise⇒前に送るもの⇒「前提」

preposition⇒前に置かれたもの⇒「前置詞」

prerequisite⇒前もって必要なもの⇒「必要条件・要件」

president⇒前に座る人⇒「大統領・社長」

動詞
precede⇒前に行く⇒「先に起こる・先行する」

predict⇒前もって言う⇒「予測する」

prefer⇒先に運ぶ⇒「好む」

prepare⇒前もって準備する⇒「準備する・準備させる」

prescribe⇒前もって書く⇒「処方する」

preserve⇒前もって保つ⇒「保存する」

presume⇒前もって取る⇒「推定する」

pretend⇒前もってのばしておく⇒「ふりをする」

prevail⇒前に価値が広がる⇒「普及する」

prevent⇒前に来る⇒「防ぐ」

形容詞
precise⇒先に切っておく⇒「正確な」

prehistoric⇒歴史の前⇒「先史の・時代遅れの」

preliminary⇒境界の前⇒「予備の・順位の」

previous⇒前の道に満ちている⇒「以前の」

※参考・引用「THE ENGLISH CLUB」「鈴木陽一(2000),DUO3.0,ICP Corporation 」「南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 
 

sent=send 意味は「送る・伝える」

representを構成する最後のパーツ「sent」はそのまま「send(送る・伝える)」の意味の単語です。

send自体の原義は「行かせる」という意味で、そこから派生して「送る・伝える」という意味になりました。

ちなみにsendの目的語は基本的に「人」「物」
「場所」を直接目的語に取る事が出来ない点に注意です。

例えば「I’ll send a package to Saitama」のようにSVO文型を取ったうえで「前置詞+場所」の形でくっつけるのはOKですが、
「I’ll send Saitama a Package」はSVOO文型を取ったうえで、場所がOになってしまっているのでNG

SVOO文型をとるときは「I’ll send him a Package」のように人、目的語の順でOにとります。

 

 

representの意味・覚え方のまとめ

最後にまとめです。

●representの意味は再び(re)前に(pre)出す(sent)⇒何度も前に出る「代表する」

●関連語に名詞・形容詞の用法を持つrepresentativeがある
 (さらにrepresentativeの関連語には不可算名詞のrepresentationがある)

 
representの構成パーツ、特に「re」と[pre]は他の単語にも良く使われる事が多いです。
どんどん関連付けして記憶していきましょう!