【たった3分で、もう忘れない】英単語「convince」の意味と覚え方【完全に(con)言い伏せる(vinc)こと】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツ、使い方など、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 
コダック
今日の英語表現は”convince”

「強意(con)」+「勝つ・征服する(vinc)」の2パーツで構成されている単語です。

言葉で征服する(=完全に言い伏せる)がコアイメージで、”convince”=「納得させる」の意味を持ちますよ!

 

 

”convince”の意味と使い方 イメージは「完全に言い伏せる」こと

convince(発音:kənvíns/カァンヴィンス)”は「納得させる」「説得して~させる」の意味を持つ他動詞です。

 

「強意(con)」+「勝つ・征服する(vinc)」の2パーツで構成されている単語で、言葉で征服する(=「完全に言い伏せる」)ことが”convince”のイメージです。

 

 
コダック
言い伏せて納得させ」たり、「説得して何かをさせる」のが”convince”というわけですね!

 

 
 
なるほど…!じゃあ”I’m convinced of the fact”と言ったら「その事実を納得させられた」という感じ?
 
コダック
その通り!すでに説得されて、納得済みの感じになります。

”I’m convinced of the fact”=「私は事実を確信している」となり、すでに「the fact」=真実であると信じている(=納得している)状況ですね。

 
convince(動詞・他動詞)
①納得させる、革新させる
②説得して~させる

※関連語
convinced(形容詞)
①確信している
②信念のある、信心深い、熱心な

convincible(形容詞)
①説得されうる、道理の分かる

convincing(形容詞)
①納得させる、説得力のある
②信じられる、もっともらしい

I convinced him of her sincerity. 
彼に彼女の誠実さを確信させた。

I convinced her to study hard.
私はしっかり勉強するように彼女を説得した(そして彼女は納得した)。

※参考・例文引用南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

”convince”と”persuade”の違い 実際に納得したかどうか、行動したかどうか

“convince”と似た意味の単語に”persuade”があります。
”persuade(発音:pərswéid)”は「徹底的に(per)」+「勧告する(suad)」の2パーツで構成される単語で、”persuade”=「説得する」の意味を持ちます。
 
persuade(動詞・他動詞)
①説得する、説得して~させる
②納得させる、信じさせる
 
 
コダック
”convine”も”persuade”は、どちらも「説得して~させる」の意味を持つ単語ですが、少しニュアンスが違いますよ!

””convince”は「納得までした」感じがあるのに対し、”persuade”は「納得して実際に行動した」感じがあります。

 
 
 
う~ん、「納得して実際に行動した」感じ…?

ちょっとイメージしづらいな…

 
 
コダック
上で紹介した例文を使って説明してみましょう!

”convince”と”persuade”の違いは下記の感じです。

●”I convinced her to study hard.(私はしっかり勉強するように彼女を説得した。)”
 ⇒彼女も納得したが、実際に勉強したかどうかは分からないイメージ

●”I persuaded her to study hard.(私は説得して彼女に勉強させた。)”
 ⇒彼女も説得されて、実際に勉強したイメージ

 
 
 
なるほど…!
 ●納得まではしたのが”convince
 ●行動までしたのが”persuade
ってことだね!
 
 
コダック
その通り!

また、このように”persuade”は行動に焦点が当たった表現なので、
”persuade”=「行動までしたが、完全には納得していない」場合もあります。

 
”I persuaded her to study hard.(私は説得して彼女に勉強させた。)”の例で言えば、彼女も説得されて勉強したものの納得したかどうかは分かりません
 
 
コダック
「勉強しろ」と言われたから、渋々勉強しただけの可能性もあるわけですね!
 
なので”convince”と”persuade”の違いをまとめると以下のようになります。
●”convince”
 ⇒説得して納得までしたが、行動したかは分からない

●”persuade”
 ⇒説得して行動までしたが、納得したかは分からない

 

”convince”の語源はラテン語の”convincere” 意味は「納得させる」

”convince”の語源も確認していきましょう。
”convince”の語源はラテン語で「納得させる」の意味を持つ”convincere”です。
 
オックスフォード英英辞典には”convince”の起源について下記の記載があります。
Origin
Mid 16th century (in the sense ‘overcome, defeat in argument’): from Latin convincere, from con- ‘with’ + vincere ‘conquer’. Compare with convict.
※参考・引用「LEXICO
 
記載内容についての訳は下記の感じです。
“con(一緒に)”+”vincere(征服する)”の組み合わせから、ラテン語の”convincere”を経由して16世紀半ばに「打ち勝つ、議論で打ち負かす」の意味の単語として発祥した。
(”convict”と比較)
 
 
最初は「一緒に(con)征服する(vincer)」の意味だったんだね!
 
コダック
そうですね!ちなみに”convincere”は「納得させる・征服する・有罪を宣告する」の意味を持つラテン語です。

”convince”に派生した時点で”con”の意味も「一緒に」から「強意」へと変化したのかもしれません

 

”convince”の語源は”convict”と同じ

 
 
そういえば最後に”Compare with convict(convictと比較)”って書いてあるけど?
 
 
コダック
”convict”は”convince”と同じでラテン語の”convincere”を語源に持つ単語ですよ!

”convict”=「有罪とする」や「罪人・囚人」の意味を持ちます。

 
”convincere”には「納得させる・征服する・有罪を宣告する」の意味があると紹介しましたが、
  • 「納得させる」の意味を引き継いだのが”convince”
  • 「有罪を宣告する」の意味を引き継いだのが”convince”
というわけですね。
 
convict
(動詞・他動詞)
①有罪とする、罪を宣告する
②(罪などを)証明する
(動詞・自動詞)
①有罪とする
(名詞)
①囚人、受刑者、有罪判決を受けたもの
 
 
コダック
ちなみに動詞用法の時は「有罪にする側」を表すのに対し、名詞用法の時は「有罪にされる側」を表すので注意が必要ですよ!
 
 
 
ホントだ…!
動詞の時は「有罪とする」の意味なのに、名詞の時は「囚人」の意味になってる…!
 

構成パーツから覚える”convince” 構成パーツは「con」+「vinc」

ここからは構成パーツの面から”convince”を覚えていきましょう。
”convince”の構成パーツは「con」+「vinc」の2つです。
 
つぎから各パーツについて紹介していきます。
 

“con”は「一緒に・共に」「強意」を意味するパーツ

”con”は「一緒に・共に」を意味するパーツで、「共になにかをすること」や「何かを一緒にすること」を表しています。

”con”は後に続く発音やスペルによって「co/com」などに形をかえて使用されることがあります。

 

 
コダック
また「強意」を意味するパーツでもあります。

今回の”convince”=「完全に(con)征服する(vinc)」のように「完全な」や「すっかり」と言った意味で使用するケースも多いですよ!

 

例えば以前紹介した”compliment”は「強意(com-)」+「満ちた(pli)」+「名詞を作る接尾語(-ment)」の3パーツで構成される単語で、「礼儀をすっかり(com)満たすもの」のイメージを持ちます。

 

 
 
ん?「礼儀をすっかり満たすもの」ってどういうこと…?
 
コダック
「礼儀をすっかり満たす」は「礼儀作法などが一定水準を満たしていること」を指しますよ!

”compliment”=「誉め言葉」の意味を持つ単語です。
しかるべき時にしかるべき言葉で相手を褒める事は礼儀作法の1つなわけですね!

 

 

その他の”con”を使用する単語についても、下記で紹介していきます。

 

”vinc”は「勝つ」「征服する」を意味するパーツ

”vinc”は「勝つ」、「征服する」を意味するパーツです。
単語によっては「vic/vict」などの形に変化して使用される場合もあります。
 
 
コダック
”vinc/vic/vict”を使用する単語で有名なのは、何と言っても”victory”!

”victory”はまさに「勝つ(vict)こと」をそのままあらわしていて、”victory”=「勝利」の意味を持ちます。

 
 
このパーツを使用する単語は他に、下記のものを紹介しています。
単語一覧 ※タップ・クリックで展開
convict
(動詞・他動詞)
①有罪とする
②(罪などを)証明する
(動詞・自動詞)
①有罪とする
(名詞)
①囚人、罪人、受刑者

conviction(名詞)
①有罪判決
②信念、確信
③自信、説得力

convince(動詞・他動詞)
①納得させる、革新させる
②説得して~させる

convinced(形容詞)
①確信している
②信念のある、信心深い、熱心な

convincible(形容詞)
①説得されうる、道理の分かる

convincing(形容詞)
①納得させる、説得力のある
②信じられる、もっともらしい

evict(動詞・他動詞)
①立ち退かせる、追い立てる
②取り戻す

evince(動詞・他動詞)
①明らかに示す、表す

invincibility(名詞)
①無敵、不敗

invincible(形容詞)
①無敵の、征服できない
②不屈の
③克服できない

invincibly(副詞)
①無敵に、克服しがたく

vanquish(動詞・他動詞)
①打ち破る、征服する、打ち負かす

victor(名詞)
①勝者、戦勝者

victorious(形容詞)
①勝利を得た、勝ち誇る
②勝利を示す

victoriously(副詞)
①勝ち誇って

victory(名詞)
①勝利、優勝、戦勝
②征服、克服

 

”convince”の意味と覚え方のまとめ

”convince”の意味と覚え方についてのまとめです。

●”convince(発音:kənvíns/カァンヴィンス)”は「納得させる」「説得して~させる」の意味を持つ他動詞
 ⇒「強意(con)」+「勝つ・征服する(vinc)」の2パーツで構成されている
 ⇒言葉で征服する(=「完全に言い伏せる」)ことが”convince”のイメージ

●”convince”の語源はラテン語で「納得させる」の意味を持つ”convincere”

 
 
コダック
他の英単語の記憶方法についても紹介しています。
是非ご活用いただければ!

【まとめ・各単語の覚え方】英単語の効率的な覚え方【関連付けで記憶力アップ】