【コアイメージは浸す・吸う】英単語「soak」の意味・覚え方【関連付けで記憶力アップ】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツなど、多方面からの知識を関連付けし効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 

 
コダック
今日の英単語はsoak! 「吸う・浸す」をコアイメージとする単語です。

 

soakの意味は「浸す・浸る」⇒「びしょ濡れにする(なる)」

soakの語源となった言葉は、英語の祖先にあたる言語の「sukona」や「socian」と言われています。

意味はいずれも「浸す・吸う」

 

 

今となっては「sukona」や「socian」自体は使われていませんが、

これらの派生である「soak」「浸す・吸う」という意味を持っています。

 

動詞(他動詞)
①~を浸す、つける

動詞(自動詞)
①浸る、しみる

名詞(可算名詞)
①浸すこと、つけること。

特に良く使われるのは他動詞の用法

詳しくは後で紹介しますが過去分詞「soaked」として、受け身の文に使われる事もあります。【「be(get) soaked」(びしょ濡れだ)】

 

soakの例文・使用法

soakの例文・使用方法について紹介します。

soak the soybeans in water.
大豆を水に漬ける。

Despite her large umbrella, she still got soaked in the rain.
大きな傘にも関わらず、それでも彼女は雨でずぶぬれになった

My T-shirt was soaked in sweat.
Tシャツが汗でびしょびしょだった

※参考・例文引用南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店DMM英会話

 

使用法①:soakの過去分詞「soaked」は頻出
「be soaked」「get soaked」で「びしょ濡れだ」

上でも少し触れましたが、soakは過去分詞「soaked」の形で、受動態(受け身)の文に良く使用されます。

2・3番目の例文のように「be soaked」「get soaked」=びしょ濡れにされた⇒「びしょ濡れだ」の意味になります。

 

【受動態】「be+過去分詞」「get+過去分詞」の違い・使い分け

受動態と言えば「be+過去分詞」と最初に習いますが、「get+過去分詞」受動態(~される)の意味になります。

●「be+過去分詞」(←最初に習う!)

「get+過去分詞」

 
コダック
だから「get soaked」もびしょ濡れにされた⇒「びしょ濡れだ」の意味になるわけですね!

 

ちなみに「get+過去分詞」は英語的な歴史がやや浅く口語的&感情的な印象を受けます。

 
コダック
「she got married」は知り合いが結婚した時などに使用するイメージ。
「she was married」はニュースなどで事実を淡々としゃべっているようなイメージです。

 

 

使用法②:-soakedで「~まみれの」という形容詞を作る語尾にもなる

「-soaked」というパーツは「~まみれの」の意味の形容詞を作る事が出来ます

 

soakの過去分詞「soaked」は受け身の形=叙述用法がメインの使用法です。

あまり修飾用法としては使われません。

 
コダック
「My T-shirt was soaked .」とは言いますが、「My soaked T-shirt」とはあまり言わないという事ですね!

 

ただし「-soaked」の形で名詞にくっつき、形容詞を作る事が出来ます。

意味は「soaked」の意味そのままで「~に浸された」⇒「~まみれの」の意味を持ちます。

 

 
コダック
例えば「My sweat-soaked T-shirt」なら「汗まみれのTシャツ」といった感じですね!

 

他にも-soakedで形容詞を作る例はあり、このやり方であればsoakedを修飾用法で使用する事も可能です。

blood-soaked⇒血に浸された⇒「血まみれの」

mud-soaked⇒泥に浸された⇒「泥まみれの」

sweat-soaked⇒汗に浸された⇒「汗まみれの」

 

 

使用法③:soak up「吸収する」の表現
soak upはスポンジのイメージ 「浸して(soak)吸い上げる(up)」⇒「吸収する」

soakを使った表現に「soak up」があります。意味は「吸収する」

一見「浸す」の意味からは離れているように見えますが、構造はシンプルです。

 

 
コダック
文字通り「浸して(soak)吸い上げる(up)」ので「吸収する」というわけですね!

 

soak upは「水の中にスポンジを突っ込むイメージ」と認識しても分かりやすいかもしれません。

水の中にスポンジを突っ込むと……

スポンジが水を吸い上げる⇒「吸収する」という訳ですね。

 

soak upの使用例も紹介しておきます。

soak up the sun.
日光浴をする(日光を吸収する)

soak up information
情報を取り入れる(情報を吸収する)

 

余談ですが、「soak up the sun」の表現はよく見かけるイメージです。

「soak up the sun」(Sheryl Crow.2002)という名前の楽曲もあって、
「嫌な事があっても前向きに生きていこうよ!太陽の日差しをたっぷり浴びてさ!」といった内容を歌っています。

 

soakの意味・覚え方のまとめ

soakについてのまとめです。

 

●soakの意味は「浸す」

●過去分詞soakedは「be soaked」「get soaked」の形で「びしょ濡れだ」の意味

●「-soaked」の形で名詞にくっつき「~まみれの」の意味の形容詞を作れる

●「soak up」=浸して(soak)吸い上げる(up)⇒「吸収する」の意味