【コアイメージは「否定(neg)的な(ative)」】英単語「negative」の意味・覚え方【関連付けで記憶力アップ】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツなど、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 
コダック
今日の英単語は「negative」! 「否定」を意味するパーツ「neg」をコアイメージに持つ単語です。

negativeの意味は「悲観的な・否定の」=「否定(neg)」+「的(ative)」

negativeは「否定(nega)」+「的(ative)」の2つのパーツを持つ英単語です。
形容詞としての用法
1、悲観的な・否定の

名詞としての用法
1、(写真の)ネガ・ネガフィルム
2、否定の

negativeという単語自体は日本語でも良く使うので、なじみの深い人もいるかもしれませんね。
ただnegativeに名詞用法があり、「写真のネガ」がnegativeの略である事は知らない方もいたのではないでしょうか?

写真のネガが「negative」である理由=像を作りたい箇所「ではない(neg)」所に色がついているから

実はnegativeの名詞が持つ意味に「(写真の)ネガ・ネガフィルム」がある理由にも[否定(neg)]というパーツの意味が関わっています。ざっくり説明するとフィルム式の写真は「光に反応する紙」に光を当てて像を作っています。
例えば下図のような像を作りたいとすると…

「コダック」という文字の箇所だけに光を当てる必要がありますよね。
なので下図のようなフィルムを作って、その上から光を当てます。
そうすると、うまい事「コダック」という文字の箇所だけに光が当たりますよね。これがネガフィルムです。
 
コダック
光を当てたい場所でない部分に色を付けたフィルムなのでネガ(nega)フィルムという訳ですね!
ちなみにnegativeの反対はpositiveですが、こうやって作られた写真本体の方を「ポジ・陽画」といったりします。

negativeの「使用法・例文」+関連語

negativeの使用法・例文について紹介します。

形容詞用法の例文
a negative responsetothequestion
その質問に対する否定の答え

名詞用法の例文
Hisreplywasinthenegative.
返事はノーだった

参考・例文引用:「goo辞書

やはり使い方で多いのは「否定」の意味なので、ここでも「否定(neg)」+「的(ative)」というイメージが出来ていれば問題ありませんね。

 

ちなみにnegativeの関連語として「negativism」「negativity」という単語があります。

実は「negativism」=「negativity」で、どちらも「消極的思考」を意味する名詞です。

注意点としてはnegativeは可算名詞なのに対し、negativismnegativityは不可算名詞である事。

ぱっと見同じような意味に見えるのですが、可算名詞と不可算名詞では使い方が違います。

 

ちなみに可算名詞と不可算名詞の違いはこんな感じ。

●冠詞には「a/an/the」の3種類あるが、不可算名詞には「theしか直接は使用できない
 ⇒「a cup of~」などの表現で間接的には使用可能

不可算名詞には複数形がない

同じ表現でも可算名詞と不可算名詞で表現が異なる。
[可算名詞に使う表現/不可算名詞に使う表現] many/much   
few/little

negativeの語源・構成パーツ「neg」+「ative」

 

ここからは語源・構成パーツから「negative」を覚えていきましょう。

neativeの構成パーツはneg(否定)」+「ative(形容詞を作る語尾)」のです。

「neg」は否定を意味するパーツ

「neg」の基本イメージは「否定」です。

例えばnegociateという単語は「(oti)がない(neg)状態にする(ate)」イメージから⇒「交渉する」という意味につながります。

動詞
neglect⇒拾い上げない⇒「放置する」

negotiate⇒ひまがない状態にする⇒「交渉する」参考:「南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

 

「ative」は「傾向・性質・関係」の意味の形容詞を作る接尾語

ative」は「傾向・性質・関係」の意味の形容詞を作る接尾語です。
英語の勉強を続けていると、単語の種類によって特定の語尾が多い事に気づきます。
 
 
コダック
何となく副詞は-lyという形が多いなぁ」とかそういう事ですね!
 

ative」もそうした語尾の一種で、「傾向・性質・関係」の意味の形容詞を作ります。

形容詞[傾向・性質・関係]
affirmative
「肯定的な」imaginative「空想的な・想像力豊かな」
talkative「口数の多い・話好きな」
 
もちろん「ative」以外にも特定の品詞を作る語尾はありますが、なかなか学ぶ機会も多くはないですよね。

下記に代表的なものを記載しておきます。

 

動詞を作る語尾
-ify」「-ize-ise)-ate-en

形容詞を作る語尾
-able」「-ate」「-ic」「-ive」「-able」「-an」「-ite」「-ful」「-al」「-ical」「-ous」「-ary」「-ish」「-ent」「-less

名詞を作る語尾
-ify」「-nce」「-thy」「-nce」「-ncy」「-ian」「-ion」「-ism」「-hood」「-al」「-ship」「-ment」「-ry」「-ness

副詞を作る語尾
-ly

negativeの意味・覚え方のまとめ

最後にまとめです。

●negativeには形容詞・名詞の用法があり、どちらも「neg(否定)」をコアイメージとして持つ

名詞のnegativenegativismnegativityは意味は似てても名詞の可算・不可算が異なる

 

negativeはカタカナ英語として私たちにもなじみ深い単語なので、イメージがしやすいかもしれませんね!