【その地で生まれた(nat)もの(-ion)の(-al)】英単語「national」の意味と覚え方【関連付けで記憶力アップ】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツ、使い方など、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 

 
コダック
今日の英語表現は”national! 「その地で生まれた(nat)もの(ion)(-al)」の3パーツで構成される単語です。

その地で生まれたもの、すなわち国民や国にかかわる事を表し、「国の、国民の」の意味を持ちます。

語源となったのは「誕生・人種」を意味するラテン語の”natio”です。

 

”national”の意味と使い方 ”national”の意味は「国の、国民の」

national(発音:nǽʃənl/ナショノゥ)”は「国の、国民の」の意味をもつ形容詞です。

 

「その地で生まれた(nat)もの(ion)(-al)の3パーツで構成されていて、イメージとしては「その地で生まれたもの」、すなわち国民や国にかかわる事を表します。

使われ方としては下記のような感じ。

  • ”national anthem”=「国歌」
  • ”national body”=「国家機関」
  • ”national flag”=「国旗」
  • ”national record”=「国内記録」

「国の」とはいいますが、「国と国の出来事」などの国際的な事を表す場合は”international(世界の)”を使用します。

 

 

ちなみに「-al」というパーツが形容詞を作るパーツなので、「nation(国民)+-al(~の)」=「国民の」という形容詞のイメージが強いのですが、”national”には名詞の意味もあります。

名詞の”national”=「国民・~国籍の人」の意味になり、例えば「日本国民」を表す場合は”a Japanese national”というように表記できます。

 

 
コダック

ただし「国民」を表すのに”national”はややマイナー表現。もし「日本国民」を表すなら”Japanese people”等とする方が普通です。

 

形容詞用法
 ①全国的な
 ②国家の、国内の
 ③国民の
 ④国立の

名詞用法
①国民、~国籍の人

 

形容詞用法の例文
a national election
国政選挙

deal with national problems
国内問題を扱う

national character
国民性

名詞用法の例文
American nationals in France.
アメリカ在住のフランス人

※参考・例文引用南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

“national”の関連語:”nationality”   “nationality”の意味は「国籍」

名詞の”national”は「国民・~国籍の人」を表すと紹介しましたが、単に「国籍」を意味する場合は”nationality”を使用します。

海外旅行へ行く際、出国カードに”nationality”の欄がありますが、あれは「どこの国籍ですか?」と聞かれているわけですね。

 

 

他に「国籍」を意味する単語として”citizenship”がありますが、これは「市民権」という訳語の方がイメージと合ってます。

「その国の国民であるという身分と、それに伴う義務や権利」の意味合いが強く”citizenship”=「投票権や国政への参加権などの国民の持つ権利」のイメージです。

 

 

ちなみに日本では「一般的な物として広く受け入れられる」事を指して「コスプレはすっかり市民権を得たなぁ」のような使い方をされる事がありますが、この使い方は”citizenship”で表現できません…

 

 
コダック
もし「コスプレが市民権を得ている」と言いたい場合”Cosplay is generally accepted.”といった感じで表現できますよ!

 

 

”national”の語源はラテン語で「誕生、人種」を意味する”natio”

“national”の語源は「誕生、人種」を意味するラテン語の”natio”です。

 

オックスフォード英英辞典には”national”の起源について下記の記載があります。

Origin
Late 16th century from French, from Latin natio(n-) ‘birth, race of people’
16世紀後半に発祥した。
起源はフランス語や、ラテン語で「誕生、人種」を意味する”natio”

※参考・引用「LEXICO

 

 
コダック

同じ”natio”から発祥した単語と言えばもちろん”nation”「国・国民」を意味する名詞です!

 

名詞用法
 ①国、国家
 ②国民
 ③民族、種族

 

構成パーツから覚える”national” ”national”=「nat」+「ion」+「-al」

ここからは構成パーツから”national”を覚えていきましょう。

 

”national”の構成パーツは3つ、「nat」(生まれる)+「ion」(もの)+「-al」(性質を表す語尾)です。

各パーツについて紹介していきます。

 

”nat”は「生まれる」を意味するパーツ

”nat”は「生まれる」を意味するパーツです。

 

例えば言語学における共通の起源を持つ単語を「同根語」と呼びます。

 

 
コダック
同根語は英語で”cognate”。まさに同じ所から生まれた(nat)単語というわけですね!

ちなみに”cognate”は形容詞用法もあり、その時の意味は「同起源の・同血族の」です。

 

 

他にも”nat”を使用する単語は多数あり、代表的なものは下記の通りです。

単語一覧 ※クリックで展開
名詞
cognate⇒同じ所から生まれたもの⇒「血縁者・同族・同根語」

internationalization⇒お互いの国家が関わるようにすること⇒「国際化」

nation⇒生まれるもの⇒「国、国民」

nature⇒生まれたままのもの⇒「自然」

形容詞
international⇒お互いの国家が関わり合う⇒「国家間の・国際的な」

multinational⇒多くの国家の⇒「多国家の」

national⇒生まれるもの⇒「国の、国民の」

native⇒生まれたままの⇒「その土地の」

動詞
internationalize⇒お互いの国家が関わるようにする⇒「国際化する」

副詞
internationally⇒お互いの国家が関わり合う⇒「国際間で・国際的に」

※参考・引用「Gogengo!

 

 

“ion”と”al”は品詞を作るパーツ

”ion”と “al”は品詞を作るパーツです。

それぞれ

  • ”ion”⇒「もの、こと」の意味を持つ名詞を作る
  • ”al”⇒「性質の」の意味を持つ形容詞・名詞を作る

の役割を持っています。

 

もちろん品詞を作るパーツは他にもあって、代表的な物は下記の通りです。

 

動詞を作る語尾
 ⇒「-ify」「-ize(-ise)」「-ate」「-en」

形容詞を作る語尾
 ⇒「-able」「-ate」「-ic」「-ive」「-able」「-an」「-ite」「-ful」「-al」「-ical」「-ous」「-ary」「-ish」「-ent」「-less」

名詞を作る語尾
 ⇒「-ify」「-nce」「-thy」「-nce」「-ncy」「-ian」「-ion」「-ism」「-hood」「-al」「-ship」「-ment」「-ry」「-ness」

副詞を作る語尾
 ⇒「-ly」

 

“national”の意味と覚え方のまとめ

”national”の意味と覚え方についてのまとめです。

 

●”national”は「国の、国民の」の意味をもつ形容詞
 ⇒国と国の間の事を表す場合は”international(世界の)”
 ⇒名詞用法もありその場合は「国民、~国籍の人」の意味を持つ
 ⇒「その地で生まれた(nat)もの(ion)(-al)」の3パーツで構成されている

”national”の語源は「誕生、人種」を意味するラテン語の”natio”