【3分で、もう忘れない】英単語「mutual」の意味と覚え方【お互いに(mut)何かをすること】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツ、使い方など、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 
コダック
今日の英語表現は”mutual”

「mutu(相互)」+「al(形容詞語尾)」という2パーツで構成されている単語です。

「お互いに(mut)何かをすること」がコアイメージで、“mutual“=「お互い」「相互の」の意味を持ちますよ!

 

”mutual”の意味と使い方 コアイメージは「お互いに(mut)何かをすること」

”mutual(発音:mjúːtʃuəl/ミュゥチュアル)”は「お互い」「相互の」の意味を持つ単語です。

「mutu(相互)」+「al(形容詞語尾)」という2パーツで構成されている単語で、「お互いに(mut)何かをすること」がコアイメージです。

 

 
コダック
例えば”mutual respect(お互いに尊敬しあうこと)”

”mutual distruct(相互不信)”といった感じで使用します。

ちなみに「お互いに何かをする」とは言っても、その人数は2人とは限りません。

 

 
 
えっ?2人とは限らない??
 
コダック
例えば”by mutual consent”などと表現した場合ですが

「双方の合意」のように2人で合意した事を表す場合もあれば、

文脈によっては「全員の合意」のように3人以上の人数が合意した事を表すことも出来ますよ!

 

ちなみに”mutual”の関連語である”mutuality”はお互いに何かをしあう「関係性」を意味します。

 

mutual(形容詞)
①相互の、相互的な
②相互に行われる
③双方の、全員の
④共通の

※関連語
mutuality(名詞)
①相互関係、相関

mutually(副詞)
①相互に、互いに、双方で

They were mutual enemies.
彼らは敵同士だった.

Mutual respect is necessary for the partnership to work.
共同事業がうまくいくためにはお互いを尊重することが必要だ

We gave mutual help to each other.
我々は互いに助け合った

We discovered a mutual interest in gardening.
私たちはガーデニングという共通の興味があることがわかった

※参考・例文引用南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

”mutual”の関連語:「相互の」を意味する表現”each other/reciprocal”

 
 
ねえねえ、ところで「相互の」って意味を持つ単語って他には無いの?
 

 

 
コダック

そうですね…!例えば”each other ”もそうですよ!

”We need to know more about  each other(我々はもっとお互いを知る必要がある)”のように表現します

 
 
なるほど…!

 

 
コダック
他には”reciprocal”もそうです。

”reciprocal”は”mutual”と近い使い方も出来て、”reciprocal distrust(相互不信)”のような使い方をします

 

”mutual”の語源はラテン語の”mutuus” 意味は「相互の・借りた」

”mutual”の語源についても、確認していきましょう。

”mutual”の語源はラテン語の”mutuus” 意味は「相互の・借りた」です。

 

オックスフォード英英辞典には”mutual”の起源について、下記の記載があります。

Origin
Late 15th century from Old French mutuel, from Latin mutuus ‘mutual, borrowed’; related to mutare ‘to change’.

※参考・引用「LEXICO」

 

記載内容についての訳は下記の感じです。

”mutare(変える)”に関連があるラテン語の”muutus(相互の・借りた)”から、古フランス語の”mutuel”を経由して15世紀に発祥した。
 
 
コダック
発祥当初から「相互の」の意味を持っていたわけですね!

 

構成パーツで覚える”mutual” 「mutu(相互)」+「al(形容詞語尾)」

ここからは構成パーツの面から”mutual”について覚えていきましょう

”mutual”の構成パーツは「mutu(相互)」+「al(形容詞語尾)」の2つです。

 

つぎから各パーツについて紹介していきます。

“mut”は「変える」「相互に」を意味するパーツ 

“mut”は「変える」「相互に」を意味するパーツです。

 

 
コダック
例えば”ミュータント(mutant)”という単語は聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

“mutant”=「突然変異体」という意味で、突然変異によってできた怪物などを指す単語として、SF映画などで使われていますね。

 

 

その他の”mut”を使用する単語についても、下記で紹介していきます。

commutation(名詞)
①軽減、更改
②定期券、通勤
③交換、代替、転換

commute
(動詞・他動詞)
①毎日通う、通勤する
②取り替える、交換する
(動詞・自動詞)
①通勤する、通学する
②定期券を買う
③一時払いにする
(名詞)
①通勤

mutable(形容詞)
①変わりやすい、可変の

mutant
(形容詞)
①突然変異の
(名詞)
①突然変異体
②ミュータント、変わり者

mutate
(動詞・自動詞)
①変化する、突然変異する
②母音変異する
(動詞・他動詞)
①変化させる、突然変異させる

mutation(名詞)
①変形、変化
②盛衰、浮き沈み
③突然変異

mutual(形容詞)
①相互の、相互的な
②相互に行われる
③双方の、全員の
④共通の

mutuality(名詞)
①相互関係、相関

mutually(副詞)
①相互に、互いに、双方で

permutation(名詞)
①順列、置換
②並べ替え、入れ替え

permute(動詞・他動詞)
①並び変える、置換する

transmutation(名詞)
①変形、変質、変化

 

”al”は形容詞を作るパーツ

”al”は形容詞を作るパーツです。

 
コダック
例えば”original(本来の)”という単語は”origin(起源)”が形容詞化したものです。

このように品詞を決定するパーツは他にもあって、

過去にも紹介しましたが、未知の単語であってもパーツを見れば品詞がある程度予想できます。

良ければ↓の記事もご参考に頂ければ!

 

”mutual”の意味と覚え方のまとめ

最後に、”mutual”の意味と覚え方についてのまとめです。

”mutual”は「mutu(相互)」+「al(形容詞語尾)」という2パーツで構成されている単語
 ⇒「お互いに(mut)何かをすること」がコアイメージ
 ⇒”mutual”=「お互い」「相互の」の意味

●”mutual”の語源はラテン語の”mutuus” 
 ⇒意味は「相互の・借りた」

 
 
コダック
大学受験やTOEICで、より多くの単語を効率的に覚えたい方には「DUO3.0」もおススメです!
下記の記事でも紹介していますので、ご参考にして頂ければ!

【大学受験】英単語を覚えるのにコスパ最強の単語帳はDUO3.0でした。時間効率も最高!【TOEICにも!】

参考文献
「南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店」
「LEXICO(https://www.lexico.com)」