【語源は愛する人(boele)】英単語 「bully」の覚え方【関連付けで記憶力アップ】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツなど、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 

 
コダック
今日の英単語は「bully」!「恋人」を意味するオランダ語(boele)を語源に持ちながら、
現在では「いじめっ子」を意味するという異色の成り立ちを持つ単語です
 

 

 

bullyの意味は「いじめっ子(名詞)」「いじめる/脅す(動詞)」

bully(発音:búli/ブゥリィ)「いじめっ子(名詞)」「いじめる/脅す(動詞)」の意味を持つ単語です。

 

ちなみに「埋める」を意味する単語「bury」もカタカナ読みすると、同じような発音に見えそうですが、buryの発音は[béri/ベェリィ]です。

動詞用法
①「いじめる」

名詞用法
①「弱い物いじめをする人」

 

bullyの語源は中期オランダ語「恋人(boele)」 

bullyの語源は中期オランダ語の「恋人(boele)」です。

 

 
コダック
「いじめる」の意味とは真逆ですね…!

 

なぜ「恋人」の語源から「いじめる」の意味になってしまったのでしょうか?

オックスフォード英英辞書には下記の記載があります。

 

Mid 16th century probably from Middle Dutch boele ‘lover’. Original use was as a term of endearment applied to either sex; it later became a familiar form of address to a male friend. The current sense dates from the late 17th century.

発祥は16世紀半ば、「恋人」を意味する中期オランダ語の「boele」に由来している。もともとは男女問わず親愛の言葉として使用されていたが、後に男友達に対する呼称となった。現在の意味で使われるようになったのは17世紀後半からだ。

※参考・引用「Oxford Living Dictionaries

 

 
コダック
最初に「恋人」⇒「親愛」で派生したのが、1世紀かけて意味が変わったわけですね!

 

※可愛さ余って憎さ百倍
日本には「可愛さ余って憎さ百倍」という言葉があります。
「愛憎紙一重」とも言って「愛情はちょっとした事で憎しみに変わる」の意味の表現です。

「好きだからこそ、かえって嫌いになってしまう」、bullyの変遷にもこういった経緯があったのかもしれませんね。

 

bullyの例文・使い方

bullyの例文・使い方について紹介します。

名詞用法の例文
Don’t be a bully.
弱い者いじめはやめろよ

動詞用法
He’s always bullying people into doing things.
彼はいつも人を脅して物事をさせている。

※参考・例文引用南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店

 

名詞のbullyはあくまで『いじめをする「人」』、いじめそのものを表すときは「bullying」

間違いやすいですが、名詞のbullyはあくまで「いじめをする人」の意味です。

「いじめ」そのもの「bullying」で表現します。

 

例えば下記のような表現で使います。

●bullying victims⇒いじめの被害者

●school bullying⇒学校でのいじめ

 

類義語:persecuteは「(人種や宗教などの理由で)迫害する。」
 bullyで表現する場合は「racial bullying」「religious bullying」など

bullyの類義語には「persecute」があります。意味は「迫害する」です。

例えば 「racial persecution(人種差別による迫害)」「religious persecution(宗教による迫害)」のように表現します。

 

似た意味はbullyでも「racial bullying(人種によるいじめ)」「religious bullying(宗教によるいじめ)」と表現する事が出来ます。

 

日本で「いじめ」と言うと学校内でのいじめを想像しますが、bullyで表現した場合も学校内でのいじめをイメージします。

persecutionを使うと少し広いイメージです。

 

 

bullyの意味・覚え方のまとめ

bullyについてのまとめです。

●bullyの意味は「いじめっ子(名詞)」「いじめる(動詞)」
 ⇒「いじめ」そのものをあらわす場合はbullying

●bullyの語源は中期オランダ語のboele。意味は「恋人」
 ⇒「恋人」の語源から1世紀かけて意味が変わっていった

●イジメ、ダメ、ゼッタイ

 
コダック
最後にもう一度。
「イジメ、ダメ、ゼッタイ」