【コアイメージは「魔法をかける」】英単語「fascinate」の意味・覚え方【関連付けで記憶力アップ】

こんにちは、コダックです。

 

英語学習、とくに英単語を記憶する上で大切なのは以下の2つ。

①あらゆる方法(目・耳・口・手)を使って脳を刺激する事
②語源や単語のパーツ構成(接頭語・接尾語)などを関連付けて記憶する事

そう!関連付けが強ければ強いほど、記憶に残りやすい

この記事では英単語を語源や構成パーツなど、多方面からの知識を関連付けし、効率良く記憶する事を目的にしています。

 

 

 
コダック
今日の英単語は「fascinate」! 「魔法をかける」を意味するラテン語「fascino」を語源とする単語です。
 

fascinateの意味「~を魅了する」

fascinateの意味は「魔法をかける」を意味するラテン語「fascino」+「-ate(形容詞・動詞を作る接尾語)」で構成される単語です。

そこから派生して「~を魅了する」の意味を持っています。

用法としては動詞・他動詞なので、主語=魅了する側なのがポイントです。

動詞用法(他動詞)
①~を魅了する

fascinateの例文・使用法

fascinateの例文・使用法について紹介します。

I was fascinated with him.
私は彼の虜になった。

※参考・例文引用「weblio英和辞典

上でも紹介しましたがfascinateの基本形は「主語=魅了する側」です。

なので「主語=魅了されたり、うっとりする側」を表現する場合は受動態で表現します。

 

 
コダック
使い方としては「感情の動詞」と似ていますね!
後述するfascinatingは「fascinateの現在分詞」ですが、そちらの使用法も感情の動詞そのままです!
 
感情の動詞は受動態
英語では感情を表現する動詞は、受動態(受け身)で表現する事が多いです。

感情とは「外部からの刺激によって引き起こされる物」の認識がある為です。

日本人の感覚的には、感情とは「自分の内側から湧き上がってくるもの」のイメージがあるので分かりにくいかもしれませんね。

例えば「驚く(surprise)」の単語の場合、「何かに驚かされた⇒(その結果として)私は驚いた」という事なので、

「I was surprised」
=「私は驚かされた」⇒「私は驚いた」のような表現になるわけですね。

逆にsurpriseの現在分詞「surprising」の場合は「感情を刺激する側=驚かす側」なので「驚くべき」の意味になります。

例えば「surprising progress」=「驚かすような進歩」⇒「驚くべき進歩」です。

fascinateの語源・構成パーツ 「fascino」+「-ate」

ここまでに紹介してきましたが、fascinateの構成パーツは「魔法をかける(fascino)」+「動詞・名詞を作る語尾(-ate)」です。

ここからは各パーツについて紹介していきます。

「魔法をかける(fascino)」⇒関連語:fascinating

魔法をかける(fascino)を語源とする単語はfascinateのみですが、

そのfascinateの関連語として「fascinating」という形容詞があります。

 

  • fascinating」⇒「魅了するような・面白い」の意味の形容詞

このfascinatingは[fascinateの現在分詞]で、fascinateが使われるときは、この「fascinating」の形も非常に多いです。

 

 

叙述用法・限定用法どちらでも使用できます。

 
コダック
例えば「the story is fascinating(その話は面白い)」のような表現(叙述用法)も、

「the fascinating story(面白い話)」のような表現(限定用法)のどちらも取れるという事ですね!

形容詞の叙述用法・限定用法とは

叙述用法・限定用法の話が出てきたので、ちょっとだけ触れておきます。

形容詞には叙述用法・限定用法の2つの使い方があります。(※分詞の形容詞用法を含む)

 

 
叙述用法・限定用法」の言い方が小難しいのですが、簡単に言うと

 ●叙述用法=「第2・第5文型(SVC・SVOC)の補語(C)になる」

 ●限定用法=「名詞を修飾する用法」

の認識でOKです。

叙述用法しか取れない形容詞・限定用法しか取れない形容詞などもあるのですが……

 
コダック
それよりも大事なのが叙述用法・限定用法によって意味が異なる形容詞がある事
 
certain
 叙述用法:「確かな・確信している」
 限定用法:「ある(特定の)~・幾分かの~」

present
 叙述用法:「出席して」
 限定用法:「現在の」 

late
 叙述用法:「遅れている」
 限定用法:「最新の」

able
 叙述用法:「~出来る」
 限定用法:「有能な」

right
 叙述用法:「正しい」
 限定用法:「右の」

 
コダック
特に入試などで頻出なのが「certain・present・late」の3つです!
 
例えばcertainの例で言うと…
It is certain that the economy will improve soon.
まもなく経済が回復するのは確実だ(叙述用法)

in a certain sense.
ある意味では(限定用法)

 

 
コダック
「a certain sense」≠「確実な意味」
限定用法なので「ある(特定の)~」と訳しましょう!

 

「-ate」は動詞・名詞を作る接尾語

「-ate」は動詞名詞を作る接尾語です。

fascinateでは「~させる」の意味の動詞を作っていましたが、名詞を作る場合は「~の職務・~の人」の意味になります。

  • 動詞を作る場合は「~させる・~にする」
  • 名詞を作る場合は「~の職務・~の人」

 

動詞を作る「-ate」

~ateで「~させる・~にする」の意味になる動詞は多いです。

例えばactivateは「act+ate」から構成される単語で、意味は「運転する状態(act)にする(ate)」「作動させる」です。

同じ「act+ate」が語源の単語には「agitate」もあって、「人の心をかき乱して行動(act)させる(ate)」「扇動する」の意味になっています。

 

単語一覧 ※クリックで展開
accommodate⇒~に対する様式にする⇒「対応する・調整する」

activate⇒運転する状態にする⇒「作動させる」

advocate⇒~へ声を出す⇒「主張する」

agitate⇒行動させる⇒「扇動する」

anticipate⇒前もって取る⇒「予期する」

circulate⇒環にする⇒「循環する」

collaborate⇒共に仕事をする⇒「協力する」

compensate⇒釣り合わせる⇒「償う」

complicate⇒共に折り重ねる⇒「~を複雑にする」

concentrate⇒完全に中心にする⇒「集中させる」

congratulate⇒共に喜ばす⇒「祝う」

consolidate⇒一緒に堅固にする⇒「固まる・統合する」

create⇒生んで増やさせる⇒「創造する」

designate⇒目立たせる⇒「指示する」

dictae⇒指図する⇒「書きとらせる」

differentiate⇒分かれて運ぶ⇒「区別する」

duplicate⇒2つに折りたたむ⇒「重複する・複製する」

evacuate⇒外に出して空っぽにする⇒「立ち退く」

exterminate⇒外に追い出す⇒「根絶する」

fluctuate⇒流れる状態にする⇒「変動する」

facilitate⇒実施できる状態にする⇒「促進する」

generate生み出す⇒「生む」

immigrate⇒さまよい入る⇒「移住する」

initiate⇒中に入っていく⇒「始める」

innovate⇒中を新しくする⇒「革新する」

locate⇒場所を特定する⇒「場所を決める」

manipulate⇒手で満たす⇒「巧みに扱う」

meditate⇒中間にする⇒「仲裁する」

motivate⇒動くようにする⇒「やる気にさせる」

participate⇒部分的に取る⇒「参加する」

recreate⇒再び作ることをする⇒「気晴らしをする」

renovate⇒再び新しくする⇒「修理する」

replicate⇒折り返す⇒「複製する」

separate⇒離して準備する⇒「分ける」

stimulate⇒突き刺す⇒「刺激する」

terminate⇒限界にする⇒「終わらせる」

※参考・引用THE ENGLISH CLUB」「南出康世(2014),ジーニアス英和辞典 第5版、大修館書店」「Gogengo」「語源英和辞典」

 

「~の人」を表す名詞を作る「-ate」

今回fascinateの「-ate」は動詞を作っていましたが、「-ate」で「~の職務・~の人」の意味の名詞を作る事があります。

例えばcandidate「候補者」

「白い(cand)服をまとった人(ate)」という語源なのですが、古代ローマでは選挙の候補者が白い服を着ていた事が由来です。

 

 

ちなみに「-ate」の他にも「~の人」を意味する単語はあります。

例えば「-er」という接尾語は日本語でもなじみがあって、「付きまとう(stalk)人(-er)」の事を日本語でもストーカーと言いますよね。

 

 
コダック
以下の語尾はいずれも「人」の意味の名詞を作る語尾なので、覚えておくと便利ですよ!
[-er]
例:「導く(lead)人(er)」⇒leader:リーダー

[-or]
例:「売る(vend)人(or)」⇒vendor:商人

[-ant]
例:「保つ(tain)人(ant)」⇒tenant:賃借人

[-ee]
例:「雇用(employ)される人(ee)」⇒employee:従業員

 

 

fascinateの意味・覚え方のまとめ

最後にfascinateについてのまとめです。

●fascinateの意味は「~を魅了する」

●「主語=魅了する側」な事がポイント。感情の動詞と使い方は同じ