食べ物

養命酒の効果は?車の運転は何時間後からOK?

【こんな方におすすめ】

  • 「養命酒って有名だけど、実際にどんな効果があるのかを知らない」
  • 「車通勤だから、飲むのが難しい。飲んでから何時間で車の運転が出来るの?」

こんにちは、コダックです。

今回は養命酒の効果と、養命酒を飲んだ後に車を運転する場合、何時間後から運転が出来るのかについてご紹介します。

東洋医学では、女は7の倍数、男は8の倍数の節目年齢で体に変化が起こる

僕自身30歳になってから、体の衰えを自覚する事が増えました。

単純に体が疲れやすくなったお腹まわりに脂肪がつき始めたというのもそうなのですが、驚いたのは最近になって腰痛を発症した事です。苦笑

勝手な偏見ですが、肩こり・腰痛・関節痛はもっと年齢を重ねてから発症するものだと思っていたので、ついこの間30になったばかりの自分には関係の無いものだと思っていたのです…泣

おかげで先日、人生初の整体に行ってくる事になりました。

 

その整体に行った時に教えてもらったのが見出しの言葉「女は7の倍数、男は8の倍数で体に変化が起こる」という言葉。

東洋医学・漢方の世界では、女性は7年を区切り、男性は8年を区切りとして体に大きな変化が起きるのだという事…

体のピークは女性:28歳 男性:32歳

特に体のピークがくる年齢は意識すべきだという事。

  • 女性:28歳
  • 男性:32歳

で体のピークが訪れ、その後は衰えて行く一方だとか…

下図(引用)のように体は衰えて行くため、少しでも体の衰えを遅くする事下降を緩やかにする事が大切です。

 

女性の7年サイクル 男性の8年サイクル

出典:https://www.yomeishu.co.jp/x7x8/baisu/index.html

あれ、僕まだ32になってもないけ…ど…汗

今から衰え始めていて大丈夫なんだろうか…!?

養命酒の効果

養命酒は14種類の生薬の効果により、血行・代謝を改善する事で、以下のような症状に対する効果があります。

  • 胃腸虚弱
  • 食欲不振
  • 血色不良
  • 冷え症
  • 肉体疲労
  • 虚弱体質
  • 病中病後の滋養強壮

特に冷え症に関しての効果が実感しやすい。

生薬の効果以前に、アルコール度数が14%もあるので、飲んだ直後から体がポカポカしてきます。

 

養命酒を飲んでから何時間後なら運転しても大丈夫か?

養命酒のアルコール度数は14%

養命酒のアルコール度数は14%。

これは日本酒やワインと同程度の度数で、お酒に慣れていない人にとっては相当強めの度数ですね。

とはいえ、養命酒は一回当たりの摂取量が20mlと少量の為、

呼気中のアルコール濃度計算式(ウィドマーク法)

道路交通法では呼気1L中のアルコール濃度が0.15mg以上で「酒気帯び運転」と判断されます。※参考:警視庁HP

とはいえ、呼気1L中のアルコール濃度と言われても、具体的にイメージしづらい所ですよね。

この呼気1L中のアルコール濃度はウィドマーク法と呼ばれる計算式で算出。実際に裁判などでも参考として使用される事もあります。

 

アルコール摂取量(単位:g)=飲酒量(単位:ml)×アルコール濃度(単位:%)×0.792

※0.792は「アルコールの比重」

血中アルコール濃度(単位:mg)=アルコール摂取量÷{体重×(0.6~0.96)}

※0.6~0.96は「アルコールの体内分布係数」

t時間後の血中アルコール濃度(単位:mg)=血中アルコール濃度-(0.11~0.19)×経過時間

※0.11~0.19はアルコール減少率

呼気1Lあたりのアルコール濃度(単位:mg)=t時間後の血中アルコール濃度÷2

ウィドマーク法とは

ドイツの法医学者によって考案された、呼気1Lあたりのアルコール濃度を算出する計算式。

体重・飲酒量・経過時間から算出する事が出来、実際の裁判で利用される事もある

養命酒の摂取量なら酒気帯び運転にはならない

養命酒20mlの場合、アルコール度数14%なので、仮に体重60kgの人が飲んだ場合、飲んだ直後のアルコール濃度は…

  • 20ml×0.14×0.792=2.2176g(アルコール摂取量)
  • 2.2176g÷(60×0.6)=0.0616mg
  • 0.0616mg÷2=0.0308mg
  • ※最大値で算出する為、体内分布係数は0.6で算出

まとめると、飲んだ直後のアルコール濃度は最大値で算出しても

  • 血中アルコール濃度=0.0616mg
  • 呼気1L中のアルコール濃度=0.0308mg

となり、酒気帯び運転の基準値以下という事になります…が!

 

最後に-車の運転をする前は飲んではいけない

道路交通法第65条には以下のような記載があります。

第65条 第1項
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

出典:警視庁HP

そもそもお酒の摂取量や体内のアルコール濃度に関わらず、お酒に酔った状態で運転する事がNGという事。

上記の計算では、養命酒の摂取量では酒気帯び運転の基準値以下でしたが、そもそも道路交通法に記載がある以上、「運転前の飲酒はNG

 

僕自身も車通勤の為、養命酒を飲むのは帰宅後夕食前と就寝前の二回にしています。

特に近年、飲酒運転・煽り運転は厳罰化が進んでいます。人の命が掛かっている以上、いくら気を使っても使いすぎな事はありませんからね。