節約・お金の話

価格比較サイトとしてのAmazonの優秀さを元出品者が説明。理由は出品者同士の価格競争と、評価主義

今回は価格比較サイトとしてのAmazonの優秀さ元せどらー:出品者の立場からご紹介します。

出品者同士での価格競争があり、価格の流動性が高い

出品者評価制度があり、「安かろう悪かろう」が通用しない。

レビューは信用しない方が良い

皆さんは買い物をする時、価格比較サイトを利用しますか?

安い買い物の時は利用しないですよね。うまい棒を買うのに価格調査は殆どしないはずです。

ですが一方で、大きい買い物は失敗しないので、色々調べると思います。「〇〇(製品名) 価格」とか。

僕も最近であればエアコンを購入する際に調べましたが、

 

Amazonヘビーユーザーが気づいた裏事情

コダックは数年前までせどりと呼ばれる副業を行っていました。いわゆる転売というやつ。

その時Amazonに出品、買う側から売る側になった事で色々と見えて来た事があります。

それは、Amazonの販売価格は相場をしっかりと反映しているという事。需要があり、手に入りづらい製品はしっかり高い…

それは買う側にとって必ずしもメリットだけではありません。しかし、ぼったくり価格等、現実から大きく乖離した価格も設定され辛い事を意味します。

Amazonは価格の流動性が高い

Amazon内部の価格競争は激しい

「ネット通販大手のAmazonなら、ネームバリューがある=多少高くでも売れる」とも思うのですが、実際にはそんな事は無く…Amazon商品ページでは出品者同士の価格競争が日夜繰り広げられています。

出品者は一刻も早く売りたい

上記の価格競争が起こる理由としては、一刻も早く売りたい…!という出品者の心理があります。

売る側の気持ち①:価格が下がるかもしれないから早く売りたい!

モノレート

画像はあるデジタルカメラの最安値グラフです。年々下がっている事が分かりますね。

売る側の立場からすると、仕入れ値や手数料の都合もあるので、極力値下がりする前に売りたい…でもそれは皆一緒だという事。泣

そうして下落リスクを避ける為、場合によっては赤字価格を下回っても…損切りの為の終わらない価格競争が始まるのです。泣

売る側の気持ち②:在庫保管料が掛かるから早く売りたい!

出品者・売る立場からすると上記の価格下落のリスク等も当然大きいのですが、それと同様に毎月確実にかかるコスト「在庫保管料」の存在が大きいです。

AmazonにはFBAというサービスがあります。これは商品を自分でAmazonの倉庫に商品を預けて、注文が入ったら代理発送してもらうサービスの事。

「自分で商品の保管場所を借りるコストがかからない」、「注文が来てもその都度発送する必要が無い」等、便利なサービスなので、個人出品者には重宝します。法人出品者はそうでもないかもしれませんが…

意外と大きい、在庫保管料

で、在庫保管料というものがどういう事かと言うと要は、

うちの倉庫の場所貸してるんだから、場所代を払ってね♪

という事で、Amazon側からすれば至極真っ当な要求なのですが、出品数が多ければ多いほど、取り扱う商品が大きければ大きいほど馬鹿に出来ない金額になってきます。

 

結果、価格の流動性が高くなる

上記の価格下落リスク、在庫保管料の都合から各出品者は価格調整を行います。

個人出品者の場合、値上げ・値下げの意思決定権が本人にあるので法人出品よりも容易に価格を変更できる事も大きいですね。

また、他のネットショップでも価格の決定権が個人にあるケースは多いかと思いますが…1つの商品につき、物によっては200人以上の出品者が商品を出品。

200人の個人がそれぞれの価格決定権を持つという特徴はネット通販大手のAmazonならではの事では無いでしょうか。

他のサイトでいうとメルカリなんかは利用者も多く、価格の流動性という点では優れているかと思います。ただ、単純に不用品処分で利用している方もいますので…

評価制度あり、安かろう悪かろうは通用しない

一方で価格のみでは判断出来ない項目に対しても、Amazonは評価制度を設けました。出品者が信頼できるものであるかどうかを購入者自身が評価、判定出来る仕組みです。

この評価制度は数年前の詐欺出品者騒動の折に詐欺出品者とそうでない出品者を見分けるのに大変貢献しました。

ただし、詐欺出品者の見分け方が

「過去に全く評価されていないものは注意!」
詐欺用に新規で作られたアカウントかも!?

というやり方だった為、新規出品者の参入はややハードルが高くなりました…

 

話が逸れましたが、購入者にとっては「現物が目の前に無いという環境の中で、どれほど出品者が信頼出来るか」の尺度となるものがこの評価制度です。

一方で、出品者からすると扱いの難しい制度ではあります。

何故ならば購入者向けに表示される評価画面は下記のようなもの…

Amazonの評価

画像の例でみると全体のうち99%は高い評価を受けていますが、残りの1%が「普通」の評価であるか、「悪い」評価であるかはパッと見では分からないのです。

よってたとえば「問題なく商品が届きました!」と判断された星3の評価でさえ全体の評価を下げる要因となりえます。

 

なので出品者は積極的に星5評価を目指します。例えば商品にレビュー依頼の手紙を添えてみたり、購入者にメールを送ってみたり。

もちろんこれは良い事ばかりではなく、お客さんに対する星5評価の強要といった事態にも繋がりかねないのですが…

 

とは言え、評価の強要なんかをしていては、その行為自体が低評価の原因になりかねないので、多くの出品者は安かろうされど(極力)良くあろうの精神で出品をしている筈…で…す

 

最後に

上記の通り、Amazonでは「価格の下落リスク回避」や「在庫保管料」の存在から、商品の長期保有を避ける傾向があり…かつ、評価制度によって粗悪商品やぼったくり商品が排斥されやすい環境が作られており、価格が徐々に最適化されていく様な仕組みになっています。

 

あくまでコダックの主観ですが、商品購入の際の参考になれば幸いです。