未分類

格安SIMではGoogleマップが使えない?iphoneで位置情報がズレる症状の原因と対策

道に迷ったからGoogleマップを見てみたのに、位置情報が滅茶苦茶…

自分がどこにいるのかも全然分からない…よ…

 

今回は、そんな症状の原因と対策をご紹介致します。

 

 

 

 

格安SIMに変えてから、位置情報がズレやすくなった?

コダックは、3年前にauからmineoに乗り換えたのですが…その効果は絶大。

 

通信速度も予想以上の速さでしたし、毎月のスマホ使用料も4分の1となるわで、格安SIMの恩恵を強く感じていました。

 

具体的には月7,000円程スマホ利用料が安くなりました。やったぜ…!

 

だけど、そんな格安SIMを使う上で一つだけ困った事が…

Googleマップなどのマップアプリでは、位置情報を利用して目的地までの案内をします。

 

auを利用していた時は、全く問題なく使用できていましたし、

たまに位置情報が乱れる事はありましたが、数mのズレ、しかも数秒で復旧する程度のものでした…が…!

 

 

格安SIMに変えてからは、位置情報が乱れても、中々復旧せず…

位置情報のズレ方も、数百m程一瞬で移動したかと思ったら、その直後には元の場所に戻ったりと半端ないズレ方でした。

 

現在地を示すマークも、普段はスマホの向いている方角に連動して動くのですが、

位置情報が乱れている間はくるくると回り続け、全く安定しません。涙

 

自分が今どこにいるか、どの方角を向いているのかさえさっぱり分からない状態です。

 

かえって位置情報をオフにして、紙の地図と同じように使った方が楽な状態でした…汗

 

原因は位置情報の取得方法!キャリアの基地局と接続出来なくなった事で精度が低下

このような症状が発症したのは、格安SIMに切り替えた事により、auの基地局と接続出来なくなった事が原因でした。

 

通常、スマホは衛生との通信により位置情報を測定します。(=GPS)

 

ただし、そもそもスマホがGPS非対応の場合や、GPSの電波を上手く受信出来ない場所等では、各キャリアの基地局との通信状況から位置情報を測定しています。

 

格安SIMに切り替えた場合、基地局を利用した位置測定が出来ない為、

大幅に位置情報がズレるケースがある訳ですね。

 

マジかよ…こんな弊害があるとは…焦

 

 

対策①:wi-fiを有効にする。

 

auと契約していた時に、位置情報が狂わなかった理由は上記の基地局との通信が要因でしたが、

wi-fi機能を有効にする事でも、それに似た様な事が出来ます。

 

wi-fiを有効にする事で、各無線LANのアクセスポイントと通信し、位置情報を測定する事が出来る…という事で、

早速wi-fi設定をオンに…!

 

すると、以前よりちょっとマシ程度ですが、位置情報のズレが改善された…気がします。汗

 

少なくとも位置ズレの頻度は少なくなったように思います。たまに数百メートルぶっ飛んだ位置までズレる時はありましたが…焦

 

対策2:衛生測位システム「みちびき」を利用する

結論から先に申しますと衛生測位システム「みちびき」の対応スマホを使用する事で位置情報の精度が大幅に改善しました。

 

前述のwi-fiを利用した方法で、位置情報の精度が少しは改善したように思えましたが、まだまだ問題はありました。

 

wi-fiを有効にする事で、スマホが常に無線LANとのアクセスポイントを探し続ける状態となり、バッテリーの消費が大きくなってしまったのです。

 

 

方向音痴なコダックにとって、位置精度はいくら高くても困る事はありません。(当たり前ですが…笑)

ですが、その為にスマホがバッテリー切れを起こしては元も子もない訳で…

 

それからは、位置情報のズレに相変わらず悩まされる日々が続きました訳ですが…

「バッテリーの持ちも随分悪くなったし、そろそろ機種変するかな~」iphone7 plusに機種変をした事で、一気に状況は改善しました。

 

「みちびき」という衛生測位サービスがあるのですが、iphone 7 plusは「みちびき」と通信する事が出来たのです…!

 

 

 

「みちびき」はGPSを補完する衛生位置サービスであり、ビルの谷間や山間部等でも安定した位置情報を得られるという特徴があります。

 

事実として、今まではマップを使用していると、同じ場所で位置情報が狂う事があったのですが、iphone7 plusに機種変して以降は、それも無くなりました。

 

 

しかも、「みちびき」の良いところは利用料金や手続き等を特に必要とせず、「みちびき」に対応した製品を利用するだけで良いのです!

 

 

逆に言えば対応製品を持っていなければ使えないという事なのですが…涙

 

iphoneは6s以降の製品で「みちびき」に対応している為、該当製品であれば、格安SIMでも安定して、位置情報を取得できるようになる、という訳です。

みちびき対応製品リスト|利用者向け情報|みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト – 内閣府

 

 

 最後に

コダックの場合、位置情報ズレに対する最良の対処法は「みちびき」対応機種への機種変でした。

 

7 plusへの機種変に当たり中古販売を利用し、7万程度の出費でしたが…

考えてみれば格安SIMに切り替えた事によるメリットは余裕で7万を超えています

 

 

コダックの場合、月のスマホ料金が7,000円程度安くなった為、

7,000×12×3=252,000

となり、25万円分の節約が出来ている訳で、余裕で得しています。

 

格安SIMに変えて本当に良かった~!

 

 

ただ、「みちびき」非対応機種を所持している方におかれましては、

格安SIMに切り替える事で、本記事のような症状が発症する可能性がありますので…

そこも踏まえて、格安SIMへの切り替えを検討頂ければと思います。

 

 

それでは!