節約・お金の話

【リフォームの事】分譲マンションか戸建か迷った末、戸建の購入を決めたという話。【考えてる?】

こんにちは、固定資産税の支払いに苦労するコダックです(貧)

 

固定資産税たっか!しょうがないけど!たっか!

 

固定資産税は固定資産課税標準額×1.4%(原則)で算出されます。

 

原則、としたのは住んでいる市町村によって高く設定する事もできるからです。(低くはならない泣)

 

ここに都市計画税も加わる訳で、1.7%前後を税金として支払わなければなりません。

 

住宅ローンに加えて、高い税金も払うわけですから、家の購入はちゃんと考えなきゃですよね。

 

買うなら分譲マンション?戸建?

さて、家の購入に当たっては色々な事を考えなきゃなりません。

 

もちろん「家を買うか賃貸にするか」というのが一番に来る所ではありますが、今回は「買う」という結論になった後の話です。

 

そう!それは「分譲マンションにするか戸建にするか」という事!

 

コダックは割とここで悩みました。結構重要ですよ!ここ!

 

 

しかしコダックは考えました。

そもそもほかの人はどうゆう基準で「分譲か戸建」か決めているのか…と。

 

最初に参考にしたのは情報サイト、SUUMO。

 

 

イラスト

引用元:12項目で比較 マンションVS一戸建て | 住まいのお役立ち記事

 

 

分譲:防犯性・最寄駅からの距離・管理

戸建:住戸の広さ・間取り・駐車場

 

どうも分譲と戸建を選ぶ人はそれぞれ上記の様な点が決め手になっているようですね。

 

詳しくは引用元がめちゃめちゃわかりやすいのでそちらも見てもらえればと思うんですが、「確かにそりゃそうだ!」という感じもしますね。

 

戸建でマンションみたく3重ロックとかは厳しいですし、一戸建てに管理人とか雇えないですしね。富豪かよ!

 

逆に戸建はマンションみたいに駅チカの立地は高くつきますが、スペースを立体的に使える分、広さの面で有利です。やっぱ2階、3階建てにできるのはデカいよね!

 

 

ちょっと待って!リフォームはどうするの?

ちょっと待ってちょっと待ってお兄さーん!リフォーム一体どうすんのーん?(←古い)

 

先に断っておきますが、コダックは分譲マンション否定派という訳ではありません。

 

ただ、これから買う人には「家はいつかリフォームが必要だよ!」という事を考えてみて欲しいのです。

 

家を買うときからリフォームの事を心配するのも変かもしれません。

 

けど35年ローンとかの長期ローンの場合だったら、払い終わる頃には「そろそろリフォームも考えなきゃな…」ってなると思うのです。

 

それは安全性の為だったり、機能性の為だったり……家を買うって大変だあ!

 

分譲マンションには管理費・修繕費があるよ!

もちろん分譲マンションだけリフォームが必要な訳ではありません。戸建だって年数が経てば風化し、見た目はボロくなっちゃいますよね。

 

その点、分譲マンションの場合、管理費や修繕積立金と言った形でマンションの住人全員からお金を集めている為、一人あたりの負担額は少なくて済みます。

 

 

え、めっちゃいいやん!戸建はその点完全自己負担ですからね。先の事を考えると今からしんどい…泣

 

もし分譲マンションで人がいなくなったら…?

ただし、分譲マンションには一つ恐ろしい点があります。

 

それは「もし住人が減ったらどうすんの?」という事です。

 

マンションの場合、リフォーム(というか修繕)する場合に対象箇所が戸建より多いわけです。単純に建物がデカイからね!

 

戸建てにはないような設備もあります。エレベーターや貯水設備、オートロックの管理システムなどなど……どれも生活に直結する設備ばかりです。

 

ま、だからこそマンション全員で払っていこうね!というスタンスな訳ですが、それも住民がたくさんいればこその話……

 

25年後日本の住居は3割~4割が空家になるとも言われています。

 

そうでなくとも近年、海外の投資家(特に中国)が日本の不動産を買うケースが増えている訳ですから、数十年後、そうした投資家が不動産を手放して、「住み人おらず」なんて事も考えられる訳です。

 

 

…いや怖!マンションに自分達だけとかなったら!修繕費払いきれないやん……

 

…という訳でコダックは戸建にしました。

 

まとめ

とはいえタワマンとかに住まない限り、そんな大規模修繕もないでしょうから「考えすぎだよ!」って事でもあるんですけどね!

 

ただ、家を買う段階、建てる段階からリフォームの事を考えておいても損はないと思います。ある程度長期間住む予定があるから購入する訳ですからね!

 

是非御一考を!それでは!